レビトラ通販でED治療薬を生活に導入する

 

性的刺激を受けることによって、ED治療薬のレビトラは効果を発揮します。何も刺激が無い状態で勃起が継続することはありません。薬の効果に対する正しい知識を持つことによって、日常生活の中での有効利用が実現できます。

 

誤った知識のみで運用してしまっても、十分な効果が得られないことがあるので注意が必要です。薬の服用から作用に至るまでは、空腹時では15分~20分あまりとされています。その後の効果もレビトラ10mgであれば5時間ほど、20mgであれば10時間ほど持続するとされているのです。

 

性生活を行う直前に服用しても、本番で力を発揮してくれるのは、他のED治療薬には真似できないメリットです。どうしても服用から効果までの時間を要するところを、水に溶けやすい成分で配合されたレビトラが解決をしてくれる結果をもたらし、世間的にもニーズが大きく変化を起こしたのは言うまでもありません。

 

即効性と持続性の2つの魅力を備えており、副作用についても配慮が正しければ感じる割合も低いのが特徴です。アルコールを摂取する場合においても、用法についてを注意しながら利用すれば、大きなリスクが発生することもなくなります。ゆったりとした心もちを与えてくれるのも、ED治療薬のメリットではないでしょうか。

 

レビトラの有効成分とは

 

レビトラは勃起不全の患者に用いられるED治療薬のひとつで、医療機関でも処方薬として取り扱いのある薬です。有効成分はバルデナフィルとされ、やや黄色がかった結晶性の粉末で、水やエタノールに溶けやすい性質を持っています。そのため、体内に吸収されやすく即効性があり、服用して20分程度で効果が現れるようになります。また、持続性も持ち合わせており、10mgで4~6時間、20mgでは8~10時間は効果が持続します。

 

食事やアルコールの影響も受けにくく、副作用も比較的に少ないとされています。この成分はPDE5阻害薬に分類され、陰茎が萎える際に分泌される酵素ホスホジエステラーゼ(PDE5)を阻害することで、勃起が萎えるのを抑えて維持できるようにします。EDの原因は精神的なストレスや心理的な問題による心因性EDや、生活習慣などによる神経や血管の問題となる器質性ED、またその両方が複合して起こるEDにも有効とされます。

 

レビトラは国内外で多く臨床試験が行われており、症状の軽重はありますが、EDへの有効性は80%前後となっています。バルデナフィルだけに限らず、ED治療薬には血管を拡張する作用があり、その効果から血圧が下がるので、血圧に変化を起こす治療薬との併用は使用が制限されています。

 

レビトラを飲むタイミングについて

 

レビトラは日本で2番目に発売開始されたED治療薬で、塩酸バルデナフィル水和物を有効成分とします。販売しているのはドイツに本社を構えるバイエル薬品株式会社で、レビトラ以外にも世界的に広く普及する医薬品を数多く製造販売しています。ED治療薬は泌尿器科や専門クリニックで処方を貰えます。診察や処方は保険適用外ですので、保険証は必要ありません。

 

レビトラの服用タイミングは、性行為の1時間前が最も適しています。食事による影響を受ける薬なので、空腹であれば20分程度で効果を感じられます。レビトラの主成分は水に溶けやすい性質なため、作用するまでの時間は、日本の医療機関で処方できる3種類のED治療薬で最も早いのが特徴です。効果持続時間は10mgでは最低5時間程度、20mgでは最大10時間程度となっています。

 

食事の影響に関しては食後2時間以上経過してからの服用だと効果が出やすく、空腹時だとさらに素早い作用が望めます。食後に服用しなければいけない場合は、食事量を7割程度に減らし脂肪分の少ないあっさりした食事を行うと作用の妨げとなりません。飲酒は血行を良くし、心身のリラックス効果を得る事ができるので、適量であれば問題ありません。

 

タダリス

更新履歴